筋力?体幹?インナーマッスルとアウターマッスルとは?

 

理解しやすくするために、まずはアウターマッスルとインナーマッスルについて解説していきましょう。

アウターマッスルとは?

英語表記では「Outer Muscle」
直訳すると「外側の筋肉」
目でしっかりと確認することのできる『身体の表面に近い部分に存在する筋肉』の総称で、
意識を筋肉に向けることで動かすことができる「随意筋(ずいいきん)」という筋肉のことです。
他には『表層筋(ひょうそうきん)』や『浅層筋(せんそうきん)』と呼ばれることもあります。

トレーニングマシンやダンベルなどを使って行われる負荷の高いウエイトトレーニングは、アウターマッスルを中心に鍛えていると考えていいでしょう。
簡単にまとめるとこんな感じ

『 アウターマッスル = 随意筋(ずいいきん) = 筋トレで鍛える筋肉 』

『筋力』『体幹』『インナーマッスル』『アウターマッスル』とは?

  • 体積=大きいものが多い
  • 発揮する力=大きい力で瞬間的
  • 起こせる運動=大きい。しかし細かい運動には対応できない
  • 動き=直線的で、バランス能力が低く、突発的な動きには対応できない

アウターマッスルとは?

  • 身体を動かす時に大きな力を発揮する
  • 関節を動かす
  • 骨を守る

アウターマッスルの特徴

  • 筋力を上げることができる
  • 見た目が変わり、バキバキマッチョなれる

 

インナーマッスルとは?

英語表記は「Inner muscle」
直訳すると「内側の筋肉」
外から形を捉えにくい『骨に近いところにある筋肉』の総称で、
無意識のうちに動かされている筋肉のことです。

インナーマッスルには別名がたくさんあり、
「ローカル筋」「深層筋」「姿勢保持筋」「姿勢保持筋」とも呼ばれます。

簡単にいうと、

『 インナーマッスル = 無意識で動いている筋肉 = 勝手に鍛えられる筋肉 』

 

【注意】そもそも、インナーマッスルという筋肉はありません
世の中には「インナーマッスル」が「体幹」と同じような意味で扱われている文献がとても多く見受けられます。

「体幹=頭と手足以外の胴体部分」のことなので、胴体のインナーマッスルを鍛えることで、必然的に体幹が鍛えられることからこのような混同が多く、混乱させる表現が多いのだと思います。
しっかりと筋肉を把握し、混同しないようにしましょう。

アウターマッスルの役割

アウターマッスルを鍛えるメリット

  • 体積=小さい
  • 発揮する力=弱く持続的
  • 起こせる運動=小さいが細かい動きに対応できる
  • 動き=バランス能力が高く、多角的で様々な動きに対応できる

インナーマッスルとは?

  • 関節の構造を補強する靭帯のような役割をしていて、持続的に働いている。
  • 関節の動きを細かく微修正することで、私たちが姿勢を保持したり、バランスをとることを可能にしている。
  • アウターマッスルの動きをサポートする。
    ➡︎人間のさまざまな動きに密接な関わりを持っている。

 

  • 身体の動きを滑らかにし、正確なフォームを確立することができる。
  • 常に働く筋肉なので、消費カロリーが上がり、基礎代謝を向上させることができる。
  • 関節痛などの身体の痛みを解消する働きがある。
     ➡︎手術後にインナーマッスルのトレーニングを行うことをおすすめします。
  • 内側の筋肉が安定する。
     ➡︎重力で徐々に下がって行く内臓を元の位置に戻し安定させてくれる。
      ➡︎臓器本来のパフォーマンスを十分に発揮させられる。
       ➡︎基礎代謝が向上する
  • 関節を正常な位置に整えてくれる。
  • 怪我のリスクを下げる。
  • アウターマッスル同士の伝達スピードも上昇させ、鍛えたいアウターマッスルを効果的に大きくさせられる。
  • 関節が正常に矯正され、血行改善効果を得られる

 

【トレーニング上の留意点】
 ウエイトトレーニングでインナーマッスルを鍛える場合
➡︎「低負荷・高回数」

・股関節や肩関節を捻るストレッチ
・負荷の軽いダンベル、チューブなどを利用

効果が分かりやすく、カラダの変化が目に見えてわかるアウターマッスルのトレーニングとは違い、インナーマッスルのトレーニング効果は外見には現れてきません。
しかも非常に地味な動きのトレーニング内容ばかり。
そのため継続して、楽しくトレーニングを行うことが困難になってしまいやすいのですが、上記の通り、その効果やメリットの大きさから近年注目を浴びている筋肉なのです。
一緒にインナーマッスルを鍛えて、内側からの強固な強さを手に入れましょう!

【結論】『体幹』『筋力』とは?

ここまで読んでいただけた方は、もうお分かりだと思います。

インナーマッスルの特徴

先もお伝えしましたが、「体幹=頭と手足以外の胴体部分」なので、
体幹部分のインナーマッスルとアウターマッスルを含めた全ての筋肉
を指していることが理解できると思います。
これでもう今後インナーマッスルと体幹を混同することはないでしょう。

インナーマッスルの役割

意識した時に発揮できる筋肉の力のこと。つまり、
『 筋力 = アウターマッスル(随意筋)を使用した時の力の大きさ 』
と解釈しましょう。

実際のところ
もちろんインナーマッスルにも力があります。あるにはありますが、意図的に力を入れることが困難なため、測定が難しいという事もあり、測定するという意味での “筋力” という考えは当てはまらない事も覚えておきましょう。


おすすめ関連記事