【GoogleAdSense】 『“ads.txt”が含まれていないサイトがあります』厳選対処法3選

Blog

2019年5月22日頃から、AdSenseのアカウントに

・「要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。」
・「要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。」

と言うような表示が現れる事例が発生しています。

スポンサーリンク

『“ads.txt”が含まれていないサイトがあります』の対処法3選

ads.txt については、以下の記事をご参照下さい。

ads.txtとは? ads.txtの仕組み設置方法について

自分のサイトの警告文の内容を把握する

過去ににAdSenseアカウントで、ads.txtに関連した警告文の内容は、大まかに以下3つのようなものがあげられます。

警告(1):『ads.txtに運営者IDが含まれていません』

ブログサービス側のトップドメインにads.txt が設置されたため、サービスを利用してブログでAdSense収益を図っているユーザーに『ads.txtに運営者IDが含まれていません』と警告が届く。


この警告文は2017年10月から11月にかけて、Seesaa, FC2, A8net, So-net, yaplogのユーザーに警告が届きました。この時の警告の理由として、「これらのブログサービス側がトップドメインにads.txtを設置したことが挙げられます。
その結果そのサービスを利用してサイトを運営・AdSense収益を図っているユーザーに警告文が届きました。この時は、ブログサービス側がads.txtを削除することで問題は解決しました。

2018年には、So-netが利用ユーザー向けにads.txtへの設定機能を提供した上で、トップドメインにads.txtを設置しました。(告知:11月 / 実施:12月)
 ➡︎『ads.txtの設置 – So-net ブログ

警告(2):『次の ads.txt ファイルに、ご自身のサイト運営者IDを追加する必要があります。』

『次の ads.txt ファイルに、ご自身のサイト運営者IDを追加する必要があります。』に続いて、ads.txtのURLが記載されている。


So-netがads.txtを設置した後、AdSenseで収益化を行っているSo-netユーザーが “ads.txt” の設定をしていない場合に警告が届きました。この問題は、ユーザー側でSo-netのads.txtの設定を行うことで、警告は出なくなります。

警告(3):『要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。』

『要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。』
または
『要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。』


2019年5月末から6月初めにかけて多くの発生が報告されている上記の警告は、サイトにads.txtが設定されていないことの注意喚起するものです。

サイトのルートドメインに “ads.txt” の設置を行っていない場合に、上記警告メッセージが表示されるようです。2019年6月末の時点では、私のサポートしているユーザーのアカウントを一通り確認したところ、“ads.txt” を設置していなくても警告が表示されないアカウントもありましたが、6月4日から警告が表示されたとの報告が多く発生しています。

【更新情報】

 AdSenseヘルプに “ads.txt” に関するトラブルシューターが追加されました。“ads.txt” に関連する警告が表示される場合は、最初にトラブルシューターを利用してみましょう。
  ➡︎『ads.txt に関するトラブルシューティング – AdSense ヘルプ』

警告メッセージへの厳選対処法3選

警告メッセージの対処は基本的に以下の3つがあります。

  • 対処法①:何もしない(ads.txtを設置しない)
  • 対処法②:ads.txtを設置する
  • 対処法③:ads.txtの設置が適切に行われているか確認
    ➡︎設置されていない場合は適切に設置する

【補足】
はてな、Seesaa、ライブドアなどのブログサービスでは、“ads.txt” の設置はサポートされていません。このように、ブログサービスがユーザー側でルートドメインに “ads.txt” の設置を行う機能を提供していない場合、ads.txtの設置は基本的にはできません。
独自ドメインの場合、特殊な方法の使用で設置できますが、初心者はやめておきましょう。

対処法①:何もしない(ads.txtを設置しない)

ads.txt の設置は必須ではありません。

ブログサービスを利用するサイトでは、基本的になにもしないことがが対処法になります。
(So-netなどの、ルートドメインにads.txtを設置しているブログサービスでは対処が必要)


そして“ads.txt“ を設置しないことで広告が表示(配信)されなくなるということはありません。
“ads.txt” が設置されている上で
・AdSenseのサイト運営者IDが含まれていない
・記載されている内容が適切でない
と言うような場合は、AdSenseの広告が表示されなくなることもあります。

対処法②:サイトにads.txtを設置する(5ステップ)

AdSenseヘルプページのよくある質問に以下の様に記載されています。

ルートドメインにファイルを追加できません。どうすればよいですか?

正直なところ、ads.txt を使用する必要はありません。ですがもし、ルートドメインに既に ads.txt ファイルが存在する場合にはウェブマスターに連絡し自分のサイト運営者 ID をファイルに追記してもらってください。
 ➡︎『自サイトの広告枠の認定販売者を ads.txt で宣言する – AdSense ヘルプ
ads.txtの設置は、必須ではなく推奨です。

ステップ1:ads.txtの作成準備

ads.txtの作成は基本的に難しいものではありません。
難易は人によって感じ方は異なりますが、テキストファイルをエディターを使用して作成し、FTPを使って、作成したファイルをサイトのルートにアップロードします。

【必要ツール】
・テキストエディター
 ➡︎『Notepad++』『TextEdit (Mac)』がオススメ
FTPFile Transfer Protocol
 ➡︎『WinSCP』がオススメ

[FPTの重要性]
サイト運営する上で必須ツールです。最近はサイト運営も簡単にできる環境が整っているのでFTPを使ったことのない方もいるかもしれません。FTPの使い方は覚えておいて損はありません。FTPの代わりにレンタルサーバー会社のファイルマネージメントツールを利用してもいいでしょう。

ステップ2:ads.txtの作成

パソコンでテキストエディターを起動して、新規ファイルを作成します。
ファイル内には、以下の1行を含めます。
「 google.com, pub-123456789012345, DIRECT, f08c47fec0942fa0 」

pub-に続く16桁の数字の部分は、AdSenseの運営者IDです。
AdSense ヘルプページの運営者IDの確認方法』をご参照下さい。


 【備考】
サイトの広告掲載がAdSenseのみであれば上記の1行のみです。
Amazonなどのアフィリエイト広告はads.txtは必要ありません。
利用している広告ネットワークに問い合わせ、確認するのがいいと思います。

ステップ3:ads.txtの保存

ファイル名を『ads.txt』にして、保存します。

ステップ4:ads.txtのアップロード

作成したads.txtをFTPを使用して、サイトのルートドメイン(例:https://example.com/ads.txt)にアップロードします。
ルートのディレクトリー構成は、レンタルサーバーによって異なります。
※ここからは『example.com』を自分のサイトのドメインに置き換えて考えてください

【サイトのルートのパスが不明な場合】
・レンタルサーバーのヘルプページなどのドキュメントを調べる
・分からない場合はお問い合わせする
※1エックスサーバー場合
 ➡︎『example.com/public_html』
※mixhostの場合 
 ➡︎『/public_html/example.com』

ステップ5:ads.txt のアップロード確認
  1. ブラウザーを立ち上げる
  2. アドレスバーに『example/ads.txt』と入力してページを表示

入力するドメインは、ルート(トップ)です。
www.example.comでサイトが表示されるように設定されていても、ブラウザーで確認する場合は『www.example.com/ads.txt』ではなく『example.com/ads.txt』を入力して下さい。表示されたページに、ads.txtに入力した内容(AdSenseのみの場合は1行)が表示されていれば、大丈夫です。(以下の画像をご参照下さい。)

ブラウザーでads.txtの確認を行います
こんな感じ

【補足】
ads.txtは、原則ルートドメインに設置します。
ads.txt v1.0.1で仕様変更が行われたことで、リダイレクトもサポート可能になりました。
ちなみにGoogle広告クローラは、元のルートドメインから単一のHTTPリダイレクトされているURLはサポート可能となっています。
(例:example.com/ads.txt からwwe.example.com/ads.txtへのリダイレクトはサポートされます。

『Blogger』利用者の場合は非常に早い

Bloggerには、ads.txtの設定機能が提供されています。Bloggerで独自ドメインを使用している場合はads.txtを設置することもできます。Bloggerの ads.txt設定方法については、以下の記事をご覧下さい。
➡︎『Bloggerにads.txtを設定する方法 – Blogger101

Bloggerホストのサブドメイン「subdomain.blogspot.com」のようなURL形式のブログでは ads.txt の設置は必要ありません。
設置しないことで広告配信が止まることはありません。
広告配信が止まった場合は、別の理由が関与しています。

対処法③:ads.txtの設置が適切に行われているか確認➡︎設置されていない場合は適切に設置する

ads.txtを既にサイトに設置している場合に警告メッセージが表示された場合一番面倒です。
収益化を行っているサイトを一つ一つ丁寧に、「example.com/ads.txt」の形式でブラウザーでアクセスしつつ設定の確認を行うしかありません。
骨が折れますが…頑張って!

ads.txt に関する警告表示への対処法は以上になります。以下に関連記事をまとめたのでお役立てください。
➡︎『』
➡︎『』

コメント

タイトルとURLをコピーしました