1. HOME
  2. ブログ
  3. Life
  4. ストレスから解放されるには、自責思考が最高

BLOG

ブログ

Life

ストレスから解放されるには、自責思考が最高

こんにちは、たけるです。
自責思考をインストールしてから、ストレスフリーな生活を送れています。

先日、下記のツイートをしました。

【今日の教訓】  
自責思考は最強!!
失敗の原因が自分のせいだと考えて 自分を改善していく

これが最強です!

そうすることで
・先を読む癖がつく
・準備を怠らなくなる
・人の感情を考えるようになる
こんな感じで自分だけが成長できます
一週間続けるだけでも自分が変わりますよ

これを掘り下げていきます。
日常のストレスを自責思考でなくしながら、世間一般で言われる常識から抜け出して生活するお話です。

ストレスから解放されるには、自責思考が最高


ストレスは行きていく中で、いろんなところから湧いてきます。

  • 朝から満員電車で消耗ヘロヘロ
  • 職場の上司ウザス
  • 友達が意地悪、最悪ス
  • 今日も残業で帰れずにはらへり
  • 彼女とケンカでオコ

社会に身を置いていたら、必ずどこかしらで何らかのストレスを感じます。
そして毎回、イラっとしたりして、消耗していきます。

でも正直いうと、これらは、『自責思考』を持つことで、前向きにもなれてなおかつ、ストレスから解放されることができます

自責思考でストレスを消す

こんな感じ

  • 満員電車で消耗 → 満員電車に乗る状況を作った自分が悪い
  • 職場の上司ウザい → 低レベルな職場を選んだ自分のせい
  • 友達が意地悪 → その友達と縁を切ってない自分のせい
  • 残業で帰れずにはらへり → 残業を断れない自分のせい。
  • 彼女とケンカ → 他人はコントロールできない、無理だと思う

こんな感じで、自責思考でストレスを潰し、さらには『自己成長』することができます。

自責思考で成長する

こんな感じ

  • 消耗@満員電車 → 満員電車に乗る自分のせい → 稼いでタクシー or 会社の近くに住む
  • 職場の上司ウザい → 低レベルな職場を選んだ自分のせい → スキルアップして、ハイクオリティーな会社に転職
  • 意地悪な友達 → その友達と縁を切らない自分のせい → 縁を切って、その時間を自己成長にあてる
  • 残業で帰れずにはらへり → 残業断れない自分のせい → 残業を突き返す精神力をつける or 会社を辞める
  • 彼女とケンカ → 他人はコントロールできない、無理と認知 → 相手の良い部分に着目、悪い部分を許す

自責思考は最高です。

もう一つ例を出すとこんな感じ

滞在中のホテルにて「酔っ払いが部屋をノックしてくる→圧倒的に萎えた」という状況ですが、
大半の人はここで「酔っ払いはクソだな」と思いますが、僕の場合は「質の悪い酔っ払いが泊まるホテルを選んだ自分の責任」という風に考えます。これを「自責の念」と呼びますね93122:57 – 2019年2月27日Twitter広告の情報とプライバシー91人がこの話題について話しています

こんな感じです。このレベルまで自責思考を自分の中に入れ込むと、生活や社会が『自己責任ワールド』になります。

その結果、外からくるストレスがなくなり、解放されます。

でも、自責思考で自分を責めるのはNG

自責思考は最高です。しかしいくつか注意点もあります。

  • 上司に怒られる → 自分のスキル不足が悪い → 死ぬほど労働、毎日消耗
  • 仕事量が多い → 自分のスキル不足が悪い → 死ぬほど労働、毎日消耗
  • 給料が多くない → ムダ遣いのせいにする → 食費まで削り、体調崩す

こんな流れはNGです。状況をしっかり把握できていない上に、論理的に判断する方向を間違えているので、最終的に自分を追い込む形になっています。

正しい考え方はこんな感じ

  • 上司に怒られる → 論理的に考える → 理不尽だと気付く → 上司の頭がイッてる → こんな職場にいる自分が悪い→会社を辞める
  • 仕事量多い → ほぼ全員が残業している → 論理的に考える → そもそも無理な量だと気付く → こんな会アホ会社を選んだ自分のミス → 会社を辞める
  • 給料多くない → 手取り14万 → 論理的に考える → 生活無理じゃね? → もっと稼げる仕事に転職 + ムダな固定費下げる

こんな感じです。
大事なのは『論理的に考える』ことです。

人生がシンドい場合、ほとんどのケースはその本人の問題じゃなく、環境の問題という場合が多いです。ということで、自責思考も大事ですが、まず最初は状況を冷静に客観視してみてください。

冷静に判断できない時は、可能であれば「収入の高い人」に相談をしてみると良いかもしれません。高収入な人は、客観視ができて論理的に生きていることが多いです。

高収入な友人がいないなら、そういった人のいるイベントなどに行き、少しずつ相談できる環境を作っていくのがいいでしょう。

自責思考でストレスを消しながら、問題を排除しつつ進もう


自責思考でストレスフリーになりつつやることがあります。
それは問題を根こそぎ排除することです。

問題:メール連絡がストレス

ここは実際の過去の自分の例で解説しましょう。過去の自分は結構大きなストレスを感じて生きていました。それが「コミュニケーション」です。
ほとんどの人からしたら「は?」って感じかもしれません。人として終わっている方向のやつではなく、業務メールでのやりとりがストレスなんです。正直、ヒステリックな元カノよりも大嫌いです。

理由はいくつかあります。そもそも面倒。しかも相手にお伺いを立てなきゃいけないですし、ぶっちゃけ92%の連絡はムダだと感じているからです。

メール返信をしながら「これ必要かね?」と思いながらストレスを感じていましたが、現在では解消しています。

問題排除:人生からメールを排除➡︎幸せになった

過去の自分は「仕事をするなら、メールは仕方ないか…」と思っていたのですが、現在は解放されています。

どういうことかというと、働き方を「すべて自己完結できる状態」にしたのでメールが不要になりました。どんな生活かというと

  • ブログを書き
  • コンサル店舗に細かい指示を出す
  • 翻訳依頼を受ける…etc…

といった毎日です。いちおう、メール確認は2〜3日に1回程度しますが、メールで連絡取り合う頻度は、1ヶ月に数回です。他は重要なことが多いので、それは電話で瞬殺です。こんな感じだと、ストレスはほとんどないです。

問題を人生から排除することが大事

ほとんどの人は問題をこんな感じで排除しようとします。

  • メール面倒 → メッセージをテンプレ化して高速化
  • 満員電車ツライ → 早起きして乗る時間をズラす
  • 寒い冬が嫌い → ユニクロのヒートテックを着て、耐えしのぐ

ん…これも間違いではありませんが、根本的に解決しませんか?

  • メール面倒 → 働き方を切り替えてすべて自己完結できる仕事をする
  • 満員電車ツライ → 在宅勤務できるよう、リモートワークに切り替え
  • 寒い冬が嫌い → リモートワークで南国バカンスでOK

こんな感じですかね。ちなみにこれはすべて実話です。

メール連絡を排除の効果は先ほど述べましたが、満員電車も人生から排除しました。そもそもベースが在宅勤務なので、人が多い金土日は家にいるようにしています。はい。ストレスフリーです。

あと、寒いので冬も好きくないです。1年のうち4ヶ月は沖縄にいます。
生まれも育ちも青森ですが、寒いのは嫌です。

常識を疑うことも大切

ここまでの話をまとめましょう。
自責思考と問題排除が大事』さんざん言ってきました。ですがいってみれば、それらは『常識を疑う」ということかもしれません。こんなことを言われても「ん?どうした?何言ってんの?無理だよそんなこと?…」と思うかもしれません。でも、世間からすれば、自分はけっこう常識の外で生きている気がします。

自分の生き方を例にしますが、こういう人間はわりと多いです。社会で言われる常識から少しずつ、また少しずつはみ出していくと、半身はみ出たくらいで「常識の外で生きてる人」との出会います。そうやって、『少しずつ常識からはみ出る→新しい出会い』みたいな連鎖から、“非常識”な生き方ができるようになります。

抽象的ですみません。でも事実です。

日常でストレスを感じたら「そもそも、このストレスって根本から消せないかな?」と考えてみてください。けっこうな問題は人生から排除できます。その結果、幸福度が高まります。

というわけで、今回は以上です。
まずは最初のステップとして「自責思考」を身につけましょう。そしてストレスを自己成長の糧としてレベルアップしていきましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事